郵便局

全国における郵便局も、2020年の東京オリンピックにかけて、関連グッズの販売を行うそうです。
2017年の11月毎日から東京オリンピックの公式グッズを全国における1,000の郵便局にて販売しています。
インターネットが使えない人も、東京都庁や都内の公式ショップへ行けない人も、地元の郵便局で公式グッズが買えるという便利なサービスだ。
郵便局のホームページなどでの販売は行っていません。
あくまで郵便局の店舗での販売となります。
商品はそれぞれ数量限定から、在庫がなくなり次第販売は終了していくそうです。
ですからお近くの郵便局に現段階でどれだけの在庫が残っているのかは行ってみなければわからないということです。
しかも消え去り次第終了なので、気になる商品がある人、ゆくゆく何かしらの記念グッズは買いたいと思っている人は早めにチェックして購入しておくといいと思います。

郵便局で販売している、東京オリンピックの公式グッズは次のものです。
郵便局では、ベーシックなデザインのグッズだけが扱われていらっしゃる。

・東京オリンピックのエンブレムが付いたピンバッジ(スクエア型)、価格は648円。
・東京オリンピックのエンブレムが付いたボールペン(ベーシックタイプ、価格は702円。
・東京オリンピックのエンブレムが付いたシャープペン(ベーシックタイ)、価格は702円。
・東京オリンピックのエンブレムが付いたミニタオル、価格は648円。
・東京パラリンピックのエンブレムが付いたピンバッジ(スクエア型)、価格は648円。
・東京パラリンピックのエンブレムが付いたボールペン(ベーシックタイプ、価格は702円。
・東京パラリンピックのエンブレムが付いたシャープペン(ベーシックタイ)、価格は702円。
・東京パラリンピックのエンブレムが付いたミニタオル、価格は648円。

郵便局では、東京オリンピックにかけて様々な形での支援を行っています。
一部の店だけですが、「オリンピック支援自販機 メダリストメモリアル機」というものを設置していらっしゃる。
これはオリンピックを運営するJOCがオリンピック選手たちへの支援目的でコカ・コーラ社協力の元作った自動販売機なのです。
こういう自動販売機でジュースを買うと、その代金のうち数円がJOCへ寄付繋がる仕組みになっています。
寄付されたお金は東京オリンピック選手強化につきや、イベント推進のために生きるそうです。
ジュースを貰うだけで、東京オリンピックの運営に貢献できるという楽しい取り組みだ。
自動販売機は、外観が金・銀・銅と実に際立つデザインなので見れば直ちにわかると思います。
ただ、全国どこに置いてあるのかはきちんとわかりません。
リオオリンピックでメダルをとった選手に関係している地域における郵便局へ設置されています。
見つけたらぜひともジュースを買って下さい。http://www.motokombinezy.cz