赤ちゃんのCD英語教材

子どもの英語教材としてディズニーの絵本やCDによっているお母さんはまず多いようですが、それで子どもが英語をしゃべれるようになるのでしょうか。
絵本は文字を見ているのではなく、イラストの部分を見ているでしょう。
そして、言葉はお母さんが話す英語だ。
余程お母さんが英語に自信がないと、読み聞かせで英語を話せるようになるとは思えません。
ここはCDに任せるべきでしょう。
絵本をまくりながら、CDの音声を親子で黙って訊くだけです。
お母さんは黙って要ることが重要なポイントです。
赤ちゃんが英語を覚えるのはCDから流れてくる音声をまねしていらっしゃるだけです。
お母さんの日本式発音の英語を聞かせてしまうと、赤ちゃんは混乱してしまいます。
どれを覚えればいいのかこんがらがるのでしょう。
おすすめのCDだとしても、遊び方を間違えないようにしなければなりません。
お母さんは普通に日本語で話しかけて下さい。
そして、英語の絵本をCDによってまくるだけです。
大人にもおすすめの英語教材として受け流しが注目されています。
これは、言葉を頭ではなく耳で理解することです。
毎日聞いていると、少しずつ言葉の違いが聞こえてきます。
赤ちゃんの時から、教材を聞かせる意味はここにあるのです。
本場の英語を聞いていれば、音の違いを体が覚えてもらえるのでしょう。
もちろん、文字になった英語は依然として別の教材でなければわかりません。
言葉は喋れても、文字を書くためには意識的練習が必要だからです。
日本人でも話すことはできても、文字にすることができない子どもはたくさんいます。
そのために小学校でひらがなから学ぶのです。
赤ちゃんに対する英語教育を考えているなら、小学校や中学校で学ぶ英語をイメージしてはいけません。
CDはたくさん販売されていますから、その中からおすすめを選びましょう。
赤ちゃんが喜んでもらえるお話が宜しい教材として下さい。
お話の内容に特別な意味を植え付けるのではなく、喜んで得ることを大切にして下さい。
内容よりも英語の発音が重要です。
幾らか大きくなると、日本語と英語を上手に使い分けられるようになります。
自分が置かれた状況で度の言葉を話せばいいのかがわかって来るからだ。https://ateliernet.nl/