緑内障の予防はできるのか?

緑内障は、眼圧によって物を見分けるための視神経を圧迫して障害が起こり、視野が欠けたり、視力の低下が結び付く病気で、失明の原因1位として挙げられます。

緑内障の初期の段階では核心から離れた部位に、しかも見えない部分は極少ない範囲なので、自覚症状はほとんどありません。そのため発見が遅れてしまいがちだ。そして、緑内障が進行すると中心部分に見えない範囲が広がっていきます。このように、慢性緑内障は5年から10年かけて、ゆっくり視野が欠けていきます。

緑内障を引き起こす眼圧の原因は人によって異なりますが、緑内障になりやすいと一般的にとことん言われているのは、家族に緑内障患者がいる方や硬い近視をもちまして掛かる方、偏頭痛持ちの方、冷え性な方、低血圧の方などです。単に女性だと、冷え性や低血圧、偏頭痛持ちの方が多いと聞きます。40歳以上の20人に1人は緑内障だとも言われているので、思いあたる方はとにかく眼科を受診することをおすすめします。

緑内障の原因は眼圧が挙がることにありますが、上がってしまった眼圧を正常値まで立て直すことが期待できる栄養素があって、それは、ビタミンの中でも断然ビタミンB6、ビタミンC、ビタミンEだ。

ビタミンB6は、肉や卵、魚など、各種食べ物においていて、耐性を上げるだけでなく、髪や歯などを健康に講じる作用があります。

鉄の吸収を高めたり、抗ストレス作用を持つ副腎皮質ホルモンの合成を促進する働きがあるビタミンCは、抗酸化作用がありしみのもとです黒色メラニンの合成を食い止める役割も果たしてくれます。

そして、ビタミンEは血液をサラサラとしてもらえる働きがあるため、血行の悪化によるとしておる緑内障予防には欠かせない栄養素だ。却って、女性にとっては生理痛や更年期障害の症状を緩和して得る働きもあります。ビタミンEの含まれている食べ物は、アーモンド、落花生などの豆類やとうがらしなどです。

これらの栄養素をライフサイクルの中でなるたけ手広く摂取し、緑内障の予防を心がけましょう。

緑内障は遺伝や日課によりなりやすさにも違いが出てきます。緑内障は自覚症状がまるっきりでない場合もあるので、定期的に眼科を受診するため早期発見することも大切です。http://www.businessinfouk.co.uk/